【読書】六人の嘘つきな大学生

322005000377_22.jpg

以前王様のブランチで話題になっていた本書が文庫版になったのを知って、当時の興味を思い出して購入してみた。
全体の感想としては、殺人事件が起きなくても面白いミステリを楽しめた。

ストーリー

就活をテーマにしたミステリ。新進気鋭のIT企業にて最終面接に挑む六人の就活生。
選考方法が途中で変わり、六人の中から一人を選ぶディスカッションと決まった。
当初結束感のあった六人だが、とある封筒が会場に置いてあることに気づいて、その中に六人の後ろめたい過去を暴く内容が隠されていたことが明かされていくとディスカッションの行方が変化してくる。

展開(ネタバレあり)

前半はバランス型の波多野の視点で語られる。一番の山場はもちろん最終面接のディスカッションだ。
六人の特徴を表しつつ、一人の過去が暴かれるたびに代表者を選ぶ投票の変化がうまく誘導されているような錯覚に陥る。
そして、波多野か嶌(しま)がその封筒を用意したのでは無いかという疑惑が占めるようになる。
合間に挟まれるディスカッションの関係者へのインタビューの内容も、合格したのが波多野か嶌なんだろうなぁという予想をさせるような内容となっている。

そして後半、合格した嶌は波多野が封筒を用意した犯人かと思われたが違うらしいという情報を得て、改めてディスカッションの内容と封筒の中身、波多野が残した書類を手がかりに真犯人と明かされなかった自分の過去について探っていく。

感想

六人一人ずつの過去が暴かれ、投票結果が揺れていく、そしてその暴かれた対象者への後日のインタビューが挟まれるテンポがちょうど良い。変に焦らされることなく、興味が続くように犯人と合格者をぼやかして描かれている。
波多野が犯人だとまた語り手が犯人のパターンで嫌だなぁと思ったが,そうはならなかったのでそこは良かった。
嶌の過去が永遠に暴かれないのも消化不良だと思っていたが、ちゃんと内容が書いてあって、しかも後半の伏線回収にもなっていた。

そんなに脛に傷のある学生ばかりでもないだろうという気もしたが、その部分については波多野が代表者となっていた。
またそれぞれの過去についても、実は非難されるどころか見直すべきポイントとなっていたのが、後味を考えればこの作品にあっていたのかな。
ただ脛の傷は傷のままでも良かった気もするかな。

犯人の語った就職活動で本当に人を見れているの?って疑問もよくわかるし、その回答となっている言葉もよく理解できる。

昔の自分の就職活動を思い出したりもして、ついつい続きが気になった。
文体も読みやすい。

六人の嘘つきな大学生 (角川文庫) - 浅倉 秋成
六人の嘘つきな大学生 (角川文庫) - 浅倉 秋成
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

この記事へのコメント